の収益源

キャッシュマネジメント入門

キャッシュマネジメント入門
안전하고 정확한 포장을 위해 CCTV를 설치하여 운영하고 있습니다.

事業ポートフォリオマネジメント入門―資本コスト経営の理論と実践

第1章 なぜ今,事業ポートフォリオマネジメントなのか
Ⅰ 今,何が起こっているのか
■事業会社の視点,投資家の視点
■これから何をすればよいのか
■意思決定のための情報はあるか
Ⅱ 「 経営」に直面しなくても済んでいた時代
■昭和の時代は気楽だった?
■終身雇用・年功序列・協調型組合
■難しさに直面せずに済んだ経営者
Ⅲ 株主ガバナンスの台頭と資本効率性の重視
■もはや銀行には頼れない
■債権者と株主はここが違う
■「成長」のためのガバナンス,「安定」のためのガバナンス
■なぜ将来像を描く必要があるのか
Ⅳ コーポレートガバナンス・コード改訂の衝撃
■来たれ,外国人投資家
■企業の内部留保を吐き出させる
Ⅴ 追いつかない社内体制の整備と意識改革
■先進企業を中心に変化は見られるが……
■全体としては変化のスピードは遅い
■問題は「本社の仕事」

第2章 経営に必要なファイナンスの要諦
Ⅰ 企業価値向上とは何なのか
■将来キャッシュフローを生み出す
■将来キャッシュフロー生成能力の向上
■アカウンティングとファイナンスは異なる キャッシュマネジメント入門
■負債と資本も異なる
■事業リスクと財務レバレッジ
Ⅱ 資本コストをどう算出するのか
■加重平均資本コストが持つ意味
■有利子負債コスト
■株主資本コスト
■具体的な計算要素
Ⅲ 企業価値を算出する
■企業価値の構成要素
■企業価値向上のための3つの方法
■企業価値,事業価値,株主価値
■純資産,自己資本,株主資本/37
■株主価値はどのように決まるのか
Ⅳ ディスカウンテッド・キャッシュフロー法とは何か
■大別して4つのプロセス
■割引率として使われる資本コスト
■継続価値の計算
■継続価値に関する留意点
Ⅴ 企業価値を測る指標
■EVA(Economic Value Added,経済的付加価値)
■ROIC(Return on Invested Capital,投下資本利益率)
■ROICも万全ではない

第3章 経営管理の高度化が求められている
Ⅰ キャッシュマネジメント入門 本社の機能とは何か
■資本市場における投資家と企業経営者との関係
■事業ポートフォリオマネジメントが注目される理由
■株主は多角化を嫌う
■企業が多角化を正当化できるとき キャッシュマネジメント入門
■コングロマリット・ディスカウント
Ⅱ 事業ポートフォリオマネジメントの実際
■経営者の片腕としての本社
■投資家的機能をどう発揮するか
Ⅲ 事業ポートフォリオマネジメントにおける問題
Ⅳ 問題はバランスシートである
■投下資本を把握していない
■資本コストがわからない
■バランスシートの作成
■負債と資本の配賦
■作業と考えると大やけどをする
Ⅴ β値の推定
■β値を推計する
■レバードベータ
■アンレバードベータ
Ⅵ 社内への浸透
■腹落ちするまで社内への浸透を図る キャッシュマネジメント入門
■具体的事例に見る落とし込み
■ROICだけでは縮小する危険もある

第4章 事業の将来をきちんと語るために
Ⅰ 過去の実績は得意だが将来予測が苦手
■「正しい将来」などはない
■望ましい将来の姿を考える
■過去の中期経営計画は達成できたのか
■事業ごとに競合他社を特定する
■主観的な世界観はどのようなものか
■戦略策定ではなく作業を行っていないか
■外部環境を分析する
■内部資源における競争優位の源泉
Ⅱ 将来予測を定量化する
■ファイナンシャル・プロジェクションの前提条件
■「売上」は重要な変数である
■「株主資本」につなげる
■運転資本はさっさと済ませる
■投資は事業会社の「華」
■M&Aの計画には要注意
■本来持っていてほしくない資産
■残りは現金か有利子負債で調整する キャッシュマネジメント入門
Ⅲ プロジェクションを使って何をするか
■まずはシミュレーション
■ファイナンシャル・プロジェクションで何ができるか
■マイルストーンにどの指標を用いるか
■株価と格付けを付けてみる
■予算策定作業の無駄を省く
■最後に本社勘定の調整
■自律分権という名の放任

第5章 事業ポートフォリオマネジメントを進めるために
Ⅰ 全社戦略と本社の役割
■全社戦略を考える
■ プロダクト・ポートフォリオマネジメントは「使えるのか」
■資本効率性を見たポートフォリオマネジメント
■難しい「ベストオーナー」の議論
■「両利きの経営」を実現できるか
Ⅱ マネジメントサイクルを回す
■PDCAサイクルはもう古いのか
■Plan-ここまでの集大成
■Do-投資の実行と撤退の判断
■Check-業績指標をどう見るか
■Action-責任者の「責任」を考える
■戦略的経営管理サイクル
■では,誰がこれをやるのか

第6章 事業ポートフォリオマネジメントの実践
Ⅰ 事業ポートフォリオマネジメント手法
■部門別財務諸表作成
■部門別バランスシート作成方法
■バランスシート 資産サイドの計算方法
■損益計算書作成方法
Ⅱ 部門別財務諸表の作成例
■連結財務情報の取込み
■部門別情報の取込み
■株主資本の計算
■横方向差異調整(対連結調整)
■縦方向差異調整(対部門資産調整)
Ⅲ 収益性・資本収益性の比較
■部門の財務比較
■株主資本コストの計算
■負債ベータ値の算出
■アンレバードベータ・レバードベータ・負債ベータの関係
■部門間の収益性の比較
Ⅳ 企業価値の算出-事業の将来予測を可能にする
■業種別売上・営業利益の将来予想
■DCF法によるDCF事業価値とDCF株主価値
■コングロマリットプレミアム・ディスカウントの実例
■まとめ

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる