FXの取引方法

投資スタイル別のおすすめも

投資スタイル別のおすすめも
★「ホテル羽毛ベッドカバー(投資スタイル別のおすすめも デュベタイプ、 横入れ式 )投資スタイル別のおすすめも 」です

なぜVCは仮想通貨が暴落してもWeb3企業への投資をやめないのか

Web3の前提である、「ユーザーがデジタル資産の所有権を維持できる、暗号資産により分散化がさらに進んだ形のインターネット」は浸透してきていると語るのは、アーリーステージに投資するVC、645ベンチャーズ(645 Ventures)の共同創業者で経営パートナーを務めるアーロン・ホリデイ(Aaron Holiday)だ。同社はWeb3企業のソリダス・ラボ(Solidus Labs)とサイオン・デジタル(Cion Digital)に投資している。

ビットコイン

新興VCの中にはWeb3特化型も

CBインサイツによると、2022年第1四半期はVCからスタートアップへの投資額は全体的には減速したものの、Web3企業に対する投資額は同期間に92億ドル(約1兆1700億円)と過去最高を記録している

ラックス・キャピタル(Lux Capital)のように、ここ数カ月でこの分野に特化した投資家をチームに加えた企業もあれば、ベイン・キャピタル・ベンチャーズ(Bain Capital Ventures)のように仮想通貨に特化した部門を立ち上げた企業もある。

例えば、シード期に投資するデイワン・ベンチャーズ(Day One Ventures)は、スーパーレア(SuperRare)やワールドコイン(Worldcoin)など仮想通貨分野の企業を支援し、その資金の一部をNFTに投資しているほどだ(同社は人気の高いボアード・エイプス・ヨット・クラブ(Bored Apes Yacht Club)やクリプトパンクス(CryptoPunks)などのコレクションも所有している)。

NFT

「Web3熱は当分冷める」との見方も

グレイロック(Greylock)のパートナーであるマイク・デュボー(Mike Duboe)は、悪名高い2014年の仮想通貨取引所マウント・ゴックス(Mt. Gox)破綻の少し前から個人的にビットコイン投資を始め、現在に至っている。デュボーはその後、ピナタ(Pinata)やマジックエデン(Magic Eden)といったWeb3企業を支援し、その間にも仮想通貨の下落を何度か目の当たりにしてきた。

とはいえ、投資家の誰も彼もが完全に楽観視しているわけではない。VCのシャイン・キャピタル(Shine Capital)の創業者モー・コイフマン(Mo Koyfman)は、Web3系スタートアップに対する投資家の熱は当分の間冷めるだろうと見ている。

mozo ワンダーシティ 「mozo Food Marche(モゾフードマルシェ)」 7/15(金)グランドオープン

日本都市ファンド投資法人およびイオンモール株式会社は、「mozo ワンダーシティ」において2022年3月より大規模リニューアルを実施しており、7月15日(金)に、第三弾として、地元愛知で愛されている人気店を中心に、商業施設初出店4店舗、全国初・名古屋初出店を含む全8店舗が集う食ゾーン「mozo Food Marche(モゾフードマルシェ)」や、他にも全国初2店舗など、飲食店を中心に合計17店舗がオープンいたします。

mozo Food Marche イメージパース

今回のリニューアルでは新ブランドメッセージ『居心地、見心地など、さまざまな変わることのない「ここちよさ」を追い求める「mozoのある、くらし。」』を提案、生活に彩りある「食」シーンの充実を目指しています。「mozo Food Marche」は、先行オープンしたレストランゾーンやフードコートの新店舗に加え、『気軽にその場で立ち寄れる自分へのちょっとしたご褒美に、また大切なあの方へのちょっとした贈り物も買える私のとっておきの店舗』が揃う新しい食ゾーンです!

■mozo Food Marche のご紹介

mozo Food Marche(モゾフードマルシェ、略称モゾマル)では、素材のこだわり、手仕事・作り手の顔が見える食物販・イートインゾーンとして、素材のこだわりや、食へのこだわりなど、地元の「食」の魅力を再発信します。自分へのご褒美や、ちょっとした贈り物などにも使える8店舗に加えて期間限定ワゴンショップも展開予定です。

Lifestyles Of Wonder And Sustainability(人生に驚き・喜びを 新たな発見に満ちた日々の生活を)

「風」の存在・マルシェを感じさせる「フラッグ」と、親しみやすくもアーバンな書体に、mozo ワンダーシティのロゴ「ライトブラウン」「ライトグリーン」を踏襲しながらmozo Food Marcheのクラフト感や環境デザインとの親和性を考慮した「落ち着き・リラックス」を感じさせる、「木陰をイメージした深みのあるカラー」を採用しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる