成功させるコツは

ダブルトップとは

ダブルトップとは
ユーロドル
ダブルボトムのネックラインからのロングを狙っている
現在はトレンドラインを抜けてリテストしていて、戻りまでの売りチャンスっぽく見えるけど、ラインの抜けが弱くて、このままヨコヨコ調整が入ってからの上昇パターンもイメージできます
軌道が完全にイメージ出来てからエントリー pic.twitter.com/HDLNQKlM3f — 林檎 (@hkjapanngo) December 19, 2019

【FX】ダブルトップとは?基礎知識・だましの回避方法をやさしく解説!

「はじめての自動AIツール」ダウンロード

「ダブルトップを理解すれば、勝率は格段にあがります。」

FXのダブルトップ・ダブルボトムとは?

FXのダブルトップとは、相場が高値で山を2つ作って下落転換するチャートパターンです。 反対に、安値で2つの谷を作って上昇転換するチャートをダブルボトムと言います。FXでは有名なチャートパターンです。

また、ダブルトップは 「転換の型」 となることが多いです。「転換点」となるチャートパターンなので、見極められるようになると、大きな利益につながります。

ダブルトップイメージ

ダブルトップ・ダブルボトムができる原理

ダブルトップができる原因は、「高値更新できない」ことにあります。ダブルボトムの場合、ダブルトップの反対だと思って理解してください。

わかりづらかったと思うので、もう少しかみ砕いて説明すると、 ダブルトップ=「買いの強さが足りないサイン」 です。

①買いポジションを保有している人の利益確定で下落
②押し目で入る人がいるため、上昇
③買いの強さが少なく、①で利益確定できなかった人が利益確定する
④高値更新できない所を見て、新規ショートが入る
⑤ネックラインをわったことで、②で買った人が損切り(売り)する

ダブルトップ

トリプルトップもあわせて覚えよう

ダブルトップと同時に、同じ原理で発生するトリプルトップを覚えておきましょう。トリプルトップは、名前の通り「山が3つ」発生して下落するチャートパターンです。反対のパターンを「トリプルボトム」と言います。

意識されるラインは、機能すればするほどポジションが溜まります。そして、 ネックラインをブレイクすると、損切り(売り)をする人も増えるので、より大きな下落が発生します。

ダブルトップを利用したエントリーポイント

ダブルトップを利用したエントリー方法を紹介します。効果的なエントリーポイントは、 ダブルトップとは 「ネックラインをブレイクした後の戻り売り」 です。

ダブルトップネックライン

ダブルトップの「だまし」の回避方法

「ダブルトップだと思ってエントリーしたら、上昇して損切りされた・・・。」

1.転換点で出ているか?
2.ネックラインのブレイクを待つ
3.後半の波動かどうか?

1.転換点で出ているか?

・上位の時間足のレジスタンスライン
・急騰して移動平均線と乖離が大きいチャート
・天井付近

2.ネックラインのブレイクを待つ

勝率を高めたければ、ネックラインをブレイクしてからショートする方法が良いでしょう。「ネックラインで反発して損切りされる。」という状況に陥りづらくなります。

「ネックラインをブレイクする前にエントリーした方が、利益が増えるのではないか?」こんな風に思う方もいるでしょう。

3.後半の波動かどうか?

「転換点」という表現がいまいちピンときていない方は、トレンドの「後半の波動かどうか」を見極めてみて下さい。

エリオット波動

上昇の1波動目、3波動目は上昇が続く可能性が高いので、上昇の5波動以上+ダブルトップでエントリーすると勝率があがります。

まとめ:ダブルトップとは?

・ダブルトップ=買いが弱く、高値更新できないという状態
・ダブルボトム・トリプルトップもあわせて覚えよう。
・「だまし」の最もかんたんな回避方法は、ネックラインブレイクを待つこと

ダブルトップなどのチャートパターンを覚えるのは、トレーダーとして、勝っていくために欠かせない知識です。

他にも、 ネックライン、RSI、MA、波動、水準などを総合的に判断して、チャートパターンを使いこなしましょう。

ダブルトップ

チャート分析

ダブルトップの図

別名:毛抜き天井
英語表記:double top
対義語:ダブルボトム
ダブルトップとは、チャートの形が「W」の逆の字のように推移すること。毛抜き天井ともいう。
ダブルトップの形成は、まず、相場が上昇し、上昇が止まった時点が1番天井になる。
その後、相場が下降し、下降が止まった時点がネックラインになる。
一転して今度は相場が上昇し、上昇が止まった時点が2番天井になる。
今度は相場が下降し、ネックラインを上から下へ突き抜けるとダブルトップの形成が終わる。
ダブルトップの形成が終わった時点が売りサインとなる。
ダブルトップを形成する条件は、最初の相場の上昇開始時点より上にネックラインを形成することである。また、1番天井と2番天井の価格がほぼ同値であることも条件となる。
なお、2番天井が1番天井を超えてしまうとダブルトップになる可能性が低くなる。2番目の下降で、ネックラインを下回ることも条件となる。

ダブルトップの買い戻しサインは、1番天井(あるいは2天井)とネックラインとの値幅をy円とした場合、ネックラインからy円下降した価格になる。例えば、1番天井(あるいは2番天井)の価格が102円、ネックラインが99円なら、買い戻しサインの価格は96円となる。 ダブルトップとは
ちなみに、ダブルトップに対して「W」の形のように推移することをダブルボトムという。

下位の陽線五本

読み方:かいのようせんごほん 下位の陽線五本とは、安値圏で陽線が五本続いた状態のこと。 下位の陽線五本は、売り圧力の強い相場から、徐々に買い圧力が増してきている状況である。いずれは買い圧力が売り圧力を上回り、相場の上昇が期待でき.

読み方:さんぞん 三尊とは、株式や為替のチャートにおいて、同水準の高値が3回繰り返され、そのうち2回目の高値が他の高値よりも高かった状態のこと。 三尊が形成されると、これ以上の高値更新は困難という市場心理が働き、価格は下落してい.

下放れタスキ

読み方:したばなれタスキ 下放れタスキとは、窓を開けた陰線の翌日に出現するタスキ線のこと。タスキ線のパターンの1つ。 下放れタスキは、押し目買いによるものと考えられ、買いが一巡すると再び下降する傾向にある。よって、下放れタスキが.

読み方:つつみせん 別表記:包み線 別表記:抱き線 対義語:はらみ線 つつみ線とは、前日の陰線を包み込むような大きな陽線のこと。あるいは、前日の陽線を包み込むような大きな陰線のこと。抱き線ともいう。 つつみ線の条件は、前日.

読み方:さんだんあげ 三段上げとは、下値を切り上げながら上昇と下降を3回繰り返した状態のこと。 三段上げを達成した相場は、酒田五法では3回目の高値をつけた時点が天井となり、下降トレンドに転換するとされる。

読み方:ぼうあし 棒足とは、相場の推移を長方形で示したもの。チャート(罫線)の1つ。外国為替相場、株式相場、商品先物相場などで用いられる。 棒足は、高値と安値の2本値によって構成される。そのため、相場の過熱感を視覚的に判別できるという特.ダブルトップとは

ダブルトップ/ダブルボトムのだましを回避する本当の方法【他のFXサイトを見て勉強しても無意味です】

FX中級者向け

この記事は中級者向けです。

を解説しているサイトが多くあり、今回の記事を書く前にそういったサイトを上位20位まで全て見ましたが、 残念ながらどのサイトでも全く【本質】を得ていない解説しかされておらず、

「ダブルトップのだましを回避する”本当の方法”と”本当に勝率の高いダブルトップ”」

  • なぜ、あなたはだましに合うのか?
  • そして、どうしたらそのだましを防ぐことができるのか?

この記事を読み終えた時には、それの疑問が全てクリアになっていることをお約束します。

Googleの検索上位の記事だからと言って「内容が正しい」とか「解説が濃くて読むと参考になる」とか「勝っているトレーダーが教える本物の情報」だとは限りませんので表示順をアテにして信用しない方が良いです。

  • サイト運営歴が長い
  • 内部SEO(=Googleに好かれるための内部施策)を頑張っている
  • SEO業者に金を払って順位を上げてもらっている

これらの現状を踏まえて、私のブログでは読者の方が「役に立った!」と思えるような具体的で意味のある記事を書くように心がけています。

そもそも「だまし」など存在しない

つまり、「だまし」と言っている人は、自分の環境認識能力(=チャートを読む力)の低さを”相場のせい”にしているだけであり、お門違いにもほどがあります。

  • 現在の局面はどのような局面なのか?(エントリーするに値する局面なのか?それとも待つべき局面なのか?)
  • 待つ場合、どのような状態になればエントリーすることができるのか?
  • エントリーした後、どの辺りまでレートが伸びると考えているのか?
  • ダブルトップとは
  • 上位足のトレンドと方向は合っているのか?
  • 近くに抵抗勢力はいないか?
  1. ダブルトップネックライン割れで売っても利益が出るポイント
  2. ダブルトップとは
  3. ダブルトップネックライン割れで売ったらだましに合ってしまうポイント

なぜ他のサイトを読んでもダブルトップのだましを回避できないのか?

どのサイトも単一時間足のダブルトップの話しかしておらず、どの時間足で出現したダブルトップなのか?の話が全くなされていない
(※どの時間軸でその形状が作られているか?が非常に大事なのにも関わらず・・・)

だましを回避するために最も重要なのは「上位足相場環境を把握すること」なのに、それについてどのサイトにも書かれていない

理由を分けて1つずつ解説しても説明が重複するだけですので、ここからはまとめて解説していきます。

どの時間軸でダブルトップか出たか?その時の上位足トレンドはどうなっているか?によって全てが変わってくる

検索で上位にあるどのサイトも単一時間足のダブルトップの話しかしておらず、どの時間足で出現したダブルトップなのか?の話が全くなされていないので、これらの記事を読んだところで だましを回避することはまず不可能です。

言葉で説明してもあまりピンとこないかもしれませんので、実際のチャートを使って説明しましょう。

つまり、上位足は完全に「買い目線」であり、下げれば下げるほど上位足からの押し目買い勢力の買いが入ってくるので、いくら下位足でダブルトップを作ってネックラインを割ってきたとしても、そのまま下方向に伸びる優位性は限りなく低いということです。

上位時間軸で発生したダブルトップは信頼性が高いので「だまし」に合う可能性は低い

基本的に、時間軸が大きくなればなるほどそのチャートパターンの信頼性は上がっていきます。

  • 5分足で認識できるダブルトップよりも1時間足で認識できるダブルトップの方が、
  • 1時間足で認識できるダブルトップよりも4時間足で認識できるダブルトップの方が、
  • 4時間足で認識できるダブルトップよりも日足で認識できるダブルトップの方が、

  • 5分足トレーダーも
  • 15分足トレーダーも
  • 1時間足トレーダーも
  • 4時間足トレーダーも

『下げてきたら買ってくる押し目買い勢力』

▼その後の値動き

そして相場というのは基本的に上位足が築いているトレンドに回帰する優位性の方が高いので、上位足が上昇トレンドを築いている時の下位足ダブルトップのネックライン割れで売ったとしても、ほとんどの場合、損切りに掛かってしまいます。 ダブルトップとは

多くのサイトで勝率の高いダブルトップとして紹介されているポイントも間違い

いくらレジスタンスライン付近で形成されたダブルトップだとしても、より上位足のトレンドが上昇トレンドだった場合、ダブルトップネックライン割れで売りエントリーしても、そのまま下げていく可能性は極めて低いです。

結論:ダブルトップのだましを回避するためにやるべきこと

  • 上位足のトレンドはどうなっているのか?
  • 買おう(or売ろう)としている近くに抵抗勢力はいないか?

簡単に書いていますが、上位足の相場環境を把握する(※特に日足&4時間足&1時間足を立体的に見る)ことがFXの世界で勝つための全てと言っても過言ではなく、この能力を身に付けるのが最も難しいです。

同じチャート形状でも上位足相場環境によってトレードは全く違うものになるということを理解して、 ダブルトップとは 下位足の今が、上位足ではどういう位置付けになるかを常に確認するようにしていきましょう。

本当に勝率が高いダブルトップ

1.上位足レベルの大きなダブルトップの中での下位足でのダブルトップ

ご覧のように上位足のダブルトップの右側のトップ内を見ると更にその中で下位足でダブルトップを形成してきています。

なぜなら、この下位足のダブルトップのネックラインを割ってくると短期的に下降トレンドに転換してきたことになり、もう買いポジションをもつ必要性がないからです。
(※厳密には押し安値を割っていないので下降トレンド転換してきていません)

このように、上位足レベルの大きなダブルトップの中での下位足でのダブルトップネックライン割れは、あらゆる時間足のほとんどのトレーダーが同じ方向を向くことになるので伸びる可能性が高く、非常に勝率の高いポイントなのです。

▼その後の値動き

ごちゃごちゃ説明してきましたが、要するに上位足がダブルトップで高値更新できなかったポイント内(※上昇圧力がかなり弱まってきているということ)で、下位足もダブルトップで高値更新できなかったので、とにかく弱いということです。

上位足レベルの大きな高値切り下げポイントや上位足レベルの三尊でも同じ

2.上位足レベルの戻り売りポイントの中での下位足でのダブルトップ

上位足の戻り売りポイント(=高値切り下げポイント)の中で下位足ダブルトップが出現したら、かなり勝率の高いエントリーポイントだと言えます。

上位足で戻り目を築いてくるということは、上位足は下降トレンドだということです。

そのため、意識されそうなレジスタンスラインを見つけて、そのポイントで下位足でダブルトップを築き下降トレンド転換してくるのを多くのトレーダーが待っています。

三尊天井・逆三尊よりもダブルトップ・ダブルボトムを狙ったほうが効率がいい

三尊天井・逆三尊よりもダブルトップ・ダブルボトムを狙ったほうが効率がいい

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

三尊天井・逆三尊よりもダブルトップ(Double Top)ダブルボトム(Double Bottom)を狙ったほうが効率がいい

ダブルトップ|ダブルボトム

三尊天井・逆三尊(Head and Shoulder、Reverse Head and Shoulder)よりも、圧倒的にチャート上に出現します。相場の転換点に現れやすいチャートパターンとして世界中のトレーダーに重宝されています。もちろんダマシもありますが、それは三尊も同じですよね。

ダブルトップ(Double Top)ダブルボトム(Double Bottom)の最大のメリットは、なんといっても出現頻度の高さです。出現頻度が高いからこそ、他のフィルターを使って優位性の高いものだけを抽出しやすいわけです。

【2022年6月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

『PricePatterns.ex4』で確認してみる

ダブルトップ(Double Top)ダブルボトム(Double Bottom)がどれくら出現するのか、無料インジケーター『PricePatterns.ex4』を使って実際のチャートで確認してみましょう。今回の検証で使う通貨ペアはUSD/JPY(ドル円)です。日足、そして4時間足でチェックします。

USD/JPY日足|その1

USD/JPY日足|その1

USD/JPY日足|その2

USD/JPY日足|その2

USD/JPY日足|その3

USD/JPY日足|その3

USD/JPY日足|その4

USD/JPY日足|その4

USD/JPY4時間足|その1

USD/JPY4時間足|その1

USD/JPY4時間足|その2

USD/JPY4時間足|その2

USD/JPY4時間足|その3

USD/JPY4時間足|その3

USD/JPY4時間足|その4

USD/JPY4時間足|その4

USD/JPY4時間足|その5

USD/JPY4時間足|その5

ダマシをいかに回避するか?

全てのダブルトップ(Double Top)ダブルボトム(Double Bottom)でエントリーしていては、非効率です。ダマシも少なくないので、いかにダマシを回避するかが課題になりますね。

次回の記事にて、ダブルトップ(Double Top)ダブルボトム(Double Bottom)の中から優位性の高いチャートパターンを抽出する方法を解説します。

ダブルトップ・ダブルボトムの基礎知識!トレンド転換のサインを見極めよ【三尊・逆三尊も解説】

大きな流れはどっちに向いているのか?それを知ったうえで時間軸を変え自分のトレードスタイルに合った取引をする。日足ではヒゲだがフラクタルに見ると三尊だったりダブルボトムだったりする。もっと言えば三尊が2つ形成されたりする。意外と時間の流れが穏やかなのでエントリーを逃しても次がある。 pic.twitter.com/JQxWefDjaQ

— クロクロスケ@FX (@kurosuke_slime) December 19, ダブルトップとは 2019

トリプルボトム・トリプルトップもある

ダブルトップ・ダブルボトムの基礎知識!トレンド転換のサインを見極めよ【三尊・逆三尊も解説】

先程のダブルトップとダブルボトムでは高値安値が2つでしたが、トリプルボトムとトリプルトップは、高値安値が3つあります。

結局のところ同じで、トレンド転換のサインになります。

ネックラインがポイント

ユーロドル
ダブルボトムのネックラインからのロングを狙っている
現在はトレンドラインを抜けてリテストしていて、戻りまでの売りチャンスっぽく見えるけど、ラインの抜けが弱くて、このままヨコヨコ調整が入ってからの上昇パターンもイメージできます
軌道が完全にイメージ出来てからエントリー pic.twitter.com/HDLNQKlM3f

— ダブルトップとは 林檎 (@hkjapanngo) December 19, 2019

リスクリワードの取り方その2
水平線やトレンドライン、チャネルからもリスクリワードは出せるし、このようにダブルやトリプルからもリスクリワードは出せるモン
ただこの時に最重要視しなければいけないのは、ネックラインはどこにあるのかって事だモン😁
ネックラインは横だけではないモン pic.twitter.com/hIE5fZTP8R

— 七福神 毘沙門天 @富富富 (@bishamondamon) December 16, 2019

もっと可能性を高めるには三尊天井・逆三尊

ダブルトップ・ダブルボトムの基礎知識!トレンド転換のサインを見極めよ【三尊・逆三尊も解説】

もっと可能性を高めるには、三尊天井(ヘッドアンドショルダートップ)、逆三尊(ヘッドアンドショルダーボトム)です。

3つの山の真ん中の山が一番高いパターンを特に三尊(さんぞん)といいます。 3つの山を結んだ線を天井(でんじょう)といい、相場が天井を抜くことはもうないだろう、という分析から売り、という活用法になります。 pic.twitter.com/urKD4eu0qP

— 必勝バイナリー (@hisyobinary) December 20, 2019

3つの高値安値の真ん中が高値安値であるものです。

  • 逆三尊は真ん中が1番安値
  • 三尊天井は真ん中が1番高値

これも確実ではありませんが、ダブル・トリプルトップ、ダブル・トリプルボトムよりは、トレンドが逆になる可能性が高いです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる