外国為替取引

ボリンジャーバンドの定義

ボリンジャーバンドの定義
FX分析方法

ボリンジャーバンドとは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

各インジケーターの基本・応用

ボリンジャーバンドの基本と傾向を覚え、
FXテクニカル分析に活かしましょう。

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)とは、
移動平均線の上下に標準偏差から求めた、乖離率(かいりりつ)幅を帯のように表した、
売られ過ぎや買われ過ぎを示すテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドの基本、使い方【FXテクニカル分析】

ボリンジャーバンドは、特定の移動平均線に対して、
その計算期間のデータの標準偏差(σ=シグマ)を算出し、
移動平均線に対するσの整数倍を加算、減算した判線です。

厨二病

上の画像は、ボリンジャーバンドの「2σ」と「3σ」を表示していますが、
基本的な数値は「2σ」です。MT4のデフォルトで表示した場合は「2σ」で表示されます。

ボリンジャーバンドは、20SMA(単純移動平均線)とセットで表示されます。
3本の真ん中の線は20SMAです。この20SMAのことを「ミドルバンド」と言います。

ボリンジャーバンドの基本

ボリンジャーバンドの基本、使い方【FXテクニカル分析】

市場価格というものは、移動平均線を多分に意識して動き、
かなりの確率で判線が描き出すバンドの範囲内に価格変動が収まる。

2σの範囲内に収まる確率は 95,4%
市場価格がバンドを逸脱することは、ほとんど無いといえます。

中二病

実際に私が使用しているチャートのほぼ全てにボリンジャーバンドを表示させています。
ボリンジャーバンドには、使い方や分析方法が色々とあります。

ボリンジャーバンドとは?基本パターンやFXでの活用法を解説

FX、ボリンジャーバンド、合いキャッチ画像

FX分析方法

ボリンジャーバンドを使うと、視覚的にトレンドの状態が把握できるため、トレードの優位性が高められます。

本記事では、 ボリンジャーバンドの基礎知識考案者が基本戦略として推奨している「順張り」での活用方法 を紹介します。

ボリンジャーバンドについて

ボリンジャーバンドは、 相場の振れ幅(ボラティリティ)を一定期間の価格データから測定し、今後の価格変動範囲を予測し、チャート上に表示するインディケーター です。

FX、ボリンジャーバンドとは?

  • +1σ~-1σ内に価格が収まる確率は68.3%
  • +2σ~-2σ内に価格が収まる確率は95.5%
  • +3σ~-3σ内に価格が収まる確率は99.7%

上記から、ほとんどの確率で+3σ~-3σ内に価格が収まると予想できます。
※ただし、急な相場の変動後時などは、バンド内に収まらないこともあります。

ボリンジャーバンド2つのパターン

ボリンジャーバンドには、 スクイーズエクスパンション の2つの基本パターンがあります。

スクイーズ

スクイーズとは、下図のように バンドが収縮した状態 になっていることをいいます。

FX、ボリンジャーバンド、スクイーズ

バンドが スクイーズの時は、売りと買いが拮抗し、レンジ相場になったことを視覚的に示唆 してくれます。

エクスパンション

エクスパンションとは、 上下のバンドが拡大している状態 です。

FX、ボリンジャーバンド、エクスパンション

バンドが エクスパンションの時は、相場が強いトレンド状態ということを視覚的に示唆 してくれます。

エクスパンションは、スクイーズ後に発生することが多くあります。

ボリンジャーバンドを用いた順張りトレード(具体例)

FX、ボリンジャーバンド、トレード例、スクイーズ

前章で説明した通り、スクイーズ→エクスパンションになることが多いため、 スクイーズを見つけることで、レンジ相場からトレンド相場への切り替わりに備えます。

FX、ボリンジャーバンド、トレード例、エントリー、利確

スクイーズの相場を見つけたら、エクスパンションへ移行するのを待ち、 ボリンジャーバンドの定義 エクスパンションを起こしバンドをブレイクした方向へエントリー します。

そして、 バンドが閉じ始めたら、利確 します。

トレンドの状態が一目でわかるボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの使い方で有名なものは、 スクイーズエクスパンション です。

ボリンジャーバンドの定義

今回は私自身1番好きなインジケータである「BB(ボリンジャーバンド)」についてです。
そんな「BB」について下記構成で説明していきます。

〇BB(ボリンジャーバンド)とは?

移動平均線と標準偏差を用いたインジケーターです。
相場のボラティリティを一定期間の価格データから測定し、統計学的な観点から価格の変動範囲を予測してくれます。
また、環境認識として優れている指標である。

標準偏差とは?・・・
データのばらつき度合いを表す指標であり、
1σに収まる確率は約68%
2σに収まる確率は約95%
3σに収まる確率は約99%

BB_説明

BB_説明

〇強いところ弱いところ

こちらはBBが弱いポイントであり、よく見る場面です。
前提の値動きがない状態から大きく動いたときのBBタッチは非常に弱いです。
そもそもBBが20期間を見ているので、その期間の値動きに対して計算しているのでどうしても反応はしてしまいます。

BB強い

BB強い

1枚目の画像のようにBBの幅内で大きくロウソク足が上下に動いているレンジは強い場面となっています。
ストキャスティクスでも強いポイントなのでレンジで狙っていってほしいところであります。
エントリー足の髭がない場面であるとさらに強くなるので狙っていきたいです!

BB弱い

上画像のような場面ではオシレーターを使用していると連敗してしまうポイントになりますが、
BBを使用することでうまく避けれています。
ダラダラしたトレンドで一定の値動きがない場面は非常に弱いです。
それをBBを使用することでその中で大きな値動きをしたときにBBに到達してくれるので画像のように勝ちを拾えることができます。
このようにオシレーターとも組み合わせることで大きな成果を上げてくれます!

〇バックテスト結果(FX、BO)

BB20 2σ 短期

短期判定

BB20 2σ 中期

中期判定

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる